高校時代の俺得修学旅行エピソード

高校時代の俺得修学旅行は沖縄旅行でした。こちらは、人生初の飛行機旅行なので一番心配だったのは、飛行機が墜落したら厄介だし、墜落するなら私のせいだとかいろいろ妄想していました。
観光地であるひめゆりの塔では、戦争の影響で若くして亡くなった若者達の写真がずっとこちらを向いているようでなんとも言えないオーラを感じました。きっと霊感が強い人が行ったら物凄い霊力というか戦争で亡くなった人達が見えてしまうのだと思います。よく背後にくっついて家まで来てしまって体調不良になってしまう人もいるほどです。
万座毛に到着したら、観光案内する人が、ここは自殺の名所ですと言ったのを覚えています。なるほどとかなり説得力ある断崖だな!と自分でも思いました。というかハッピーな場所の観光地というのはないのかとツッコミを入れたいほどです(笑)
唯一の良かったなと思えてきた点はグラスボートの美しい海の透明感あふれるシーンは沖縄旅行の醍醐味です。
本当に魚たちが優雅に泳ぐ姿には感動しました。
キレイな魚達がまるでワルツを踊っているような光景は最高でした!
俺得修学旅行中のお部屋は三人一組で、私とかなり仲の良い三人だったので、それだけでも安心感があり楽しい思い出になったなと思いました。こういう団体行動するメンバーの中で一人でも仲が良くないメンバーが入ってしますと楽しみが激減してしまいますからね。
お部屋の中でのテレビですが、仲の良いメンバーの一人がエロいの見たいエロいのしてないかな?といいつつチャンネルを変えていたのを覚えています。やはりみんなでいるとそういうチャンネルを一緒にみて騒ぎたいという衝動になりますよね。
結局、当時大人気だったボキャブラ天国を見て大爆笑していました。
あの頃は楽しい番組というのがなかなかなく、唯一がボキャブラ天国でしたからね。
初の沖縄旅行、海の綺麗な景色とか、南国風の土地を見て観光ってこんなにも面白いんだなと高校時代には思いました。
食べ物は何を食べたか忘れましたが絶対にみんなと一緒に沖縄料理食べたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です