カテゴリー別アーカイブ: コミック

日本から離れた場所にいるからこその電子コミック

海外生活が長い人にとって何より困る事といえば、日本の情報をなかなか入手しにくいという事だと思います。ニュースに関しては、いろいろなサイトから情報を得る事ができますがと書出版物に関しては、大きな都市や日本人の滞在者が多いところであれば、日本の書籍を扱う書店へ行けば数日遅れ程度で入手が可能かもしれません。(ただし日本で買うより価格が格段に高くなっていますが)

でもそんな恵まれた環境ばかりの国ではないので、海外生活=書籍に入手は不可能、という図式が簡単に成り立つと思います。というか、数年前まではそうでした。

なので、続編を楽しみにしていた作品は、たまに日本に帰ったときにまとめ買い(もしくはまとめ読み)続きを楽しむしか方法がありません。そうなると確実に以前の話が判らなくなっていて古いストーリーから読み直し、、、なんて事もたくさん起こっていたのではないでしょうか?

また、海外生活が長い人にとってもう一つの問題が、次日本へ戻るときに購入した書籍をどうするか?というものがあります。せっかく買い集めた書籍なので日本へ持ち帰るのが理想なんですが、輸送費、関税などが発生するため大量にある場合には『処分』をする必要が出てきます。せっかく集めた物を処分する、しかも持っていた物がなくなるので場合によっては『日本に戻ってまた購入する』なんて事もおこるかもしれません。(輸送費などの事を考えると、海外で破棄してか日本で新規購入する方が安い場合があります)

これって、本が好きな人にとってはとてもつらい事ですよね。

そう考えた場合電子コミックの登場は非常にありがたい物です。というのも、新刊の購入はほぼ紙の書籍と同じくらいのタイミングでされるのでストレスなく続きを楽しむ事が可能です。しかも、電子ファイルなので持ち運びで場所をとるという事もありません。これは引っ越しの際もそうですし、旅行をする場合も同じですよね。スマホやタブレットの中にデータをダウンロードしておけば余分なスペースを使うことなく本を楽しめるし、データ容量が許す限り何冊での持ち歩けます。
旅行先でも、インターネットさえあれば新しいデータをすぐダウンロードできるし、書籍という概念に新しい風を入れてくれたと言っても過言ではないと思います。

ただ、いままで下記の書籍に慣れていた私たちにとって、便利に本を読めるというのは素晴らしいことなんですが、読んだ本についた汚れや傷がどこでついた物なのかという思い出や、背表紙の日焼け具合でその本当の付き合いがどれくらい長いのかということを感じることができなくなった状態は少し寂しい気もしますが。

話題の石鹸

ここ最近、脱毛石鹸というのが人気になっているそうです。
それもそのはず、脱毛サロンなどでは手軽に脱毛できる反面、部位別に通わなければいけない事や光による毛根をダメージさせるやり方は太ければ太いほど激痛になってしまうのです。
脱毛が終わった際には涙目になってしまうほどです。
最近ではパイパンの事をハイジニーナと呼ばれるそうですが、全剃りをすれば誰でも可能ですがすぐに新しい毛が生えてくるので毎日剃らないといけません。
しかし、毎日肌に刃を当ててしまうのはダメージの蓄積ともなり、良いとはいえません。
そこで時間は掛かるが痛みがなくゆっくり脱毛できる石鹸を開発をしたのです、その名はK-STOP(ケーストップ)という商品です。
脱毛をしたい箇所をただ単純にボディーソープの要領で洗うだけでOKなのです。
でも間違っても脱毛したい箇所に関しては普通に市販されているボディーソープで洗ってください。
余計な部分まで脱毛をしてしまうことになってしまいます。
誰もやらないと思いますが、髪の毛に使ってしまってはハゲてしまうので旦那さんやお子さんにはしっかりとこの石鹸について説明をしておくべきです。
浴槽にある普通の身体を洗う石鹸だと思って使う場合がありますから。
それにしても何故、最近はハイジニーナというのが流行っているんでしょうね。
個人的には毛があった方が普通だと思います。
だけど欧州などでは男性までもアソコの毛をエチケットとして剃っているそうで、近年海外へサッカー移籍をしている選手達がシャワー室でみんなにドン引きされているそうです。
毛がないアソコなんて違和感たっぷりでいまいち盛り上がった気持ちも下がってしまいそうです(笑)
とりあえず気になった方は下記のサイトを参照してみてください。

K-STOP(ケーストップ)ボディケアソープの評価&口コミまとめ

一重美人

ある日、テレビを見ていた主人がポツリと言いました。「この子、可愛いよね。おれ好き。」ん?だれだれ?とテレビを見ると、そこに映っていたのは吉高由里子さん。「あー吉高由里子ちゃんね!私も好き!」と、そこから夫婦で彼女について話をしました。花子とアン、ガリレオ、2014年の紅白歌合戦の司会、バラエティやCMと、いま大活躍だよね。やっぱ「目」が魅力的だよね。ん?吉高由里子ちゃんって一重じゃない??気になるのでインターネットで吉高由里子を検索!画像を確かめると…やっぱり一重だ!「吉高由里子って一重美人だね」と二人で盛り上がりました。そこで考えてみると、一重美人って他にもたくさんいますよね。まずはクールビューティーな天海祐希さん。切れ長で美しい目元からは、知性や凛とした美しさを感じます。そして和の美しさを感じさせてくれる木村多江さん。彼女の和服姿はまさに大和撫子!妖艶な美しさがとても魅力です。一重キュートで思い浮かぶのは多部未華子さん。決して派手ではないけれど、さりげなく、そしてやわらかい…まるでそよ風のような可愛らしさに心を奪われます。一重美人の女性は、様々な魅力をあわせ持っていると思います。たとえば私たち夫婦一押しの吉高由里子さん。第一印象はクール美人な彼女も、時には妖艶な大人の女性、時にはキュートな少女の顔をします。ガリレオでの刑事役はまさに、クールで知的な美しさが溢れていました。そうかと思えば、バラエティやCMでの彼女は、とてもキュート!第一印象が「クール美人」だっただけに、ニコっと笑った時のやわらかい表情にドキッとしてしまいました。クール美人とキュート、このギャップに心を奪われます。さらに、花子とアンでの和服姿、日本女性としての美しさを感じました。「一重美人」の魅力、奥が深いです。

 

参考:ナイトアイボーテ2

 

高校時代の俺得修学旅行エピソード

高校時代の俺得修学旅行は沖縄旅行でした。こちらは、人生初の飛行機旅行なので一番心配だったのは、飛行機が墜落したら厄介だし、墜落するなら私のせいだとかいろいろ妄想していました。
観光地であるひめゆりの塔では、戦争の影響で若くして亡くなった若者達の写真がずっとこちらを向いているようでなんとも言えないオーラを感じました。きっと霊感が強い人が行ったら物凄い霊力というか戦争で亡くなった人達が見えてしまうのだと思います。よく背後にくっついて家まで来てしまって体調不良になってしまう人もいるほどです。
万座毛に到着したら、観光案内する人が、ここは自殺の名所ですと言ったのを覚えています。なるほどとかなり説得力ある断崖だな!と自分でも思いました。というかハッピーな場所の観光地というのはないのかとツッコミを入れたいほどです(笑)
唯一の良かったなと思えてきた点はグラスボートの美しい海の透明感あふれるシーンは沖縄旅行の醍醐味です。
本当に魚たちが優雅に泳ぐ姿には感動しました。
キレイな魚達がまるでワルツを踊っているような光景は最高でした!
俺得修学旅行中のお部屋は三人一組で、私とかなり仲の良い三人だったので、それだけでも安心感があり楽しい思い出になったなと思いました。こういう団体行動するメンバーの中で一人でも仲が良くないメンバーが入ってしますと楽しみが激減してしまいますからね。
お部屋の中でのテレビですが、仲の良いメンバーの一人がエロいの見たいエロいのしてないかな?といいつつチャンネルを変えていたのを覚えています。やはりみんなでいるとそういうチャンネルを一緒にみて騒ぎたいという衝動になりますよね。
結局、当時大人気だったボキャブラ天国を見て大爆笑していました。
あの頃は楽しい番組というのがなかなかなく、唯一がボキャブラ天国でしたからね。
初の沖縄旅行、海の綺麗な景色とか、南国風の土地を見て観光ってこんなにも面白いんだなと高校時代には思いました。
食べ物は何を食べたか忘れましたが絶対にみんなと一緒に沖縄料理食べたと思います。

電子コミックのメリットについて

電子コミックのメリットについていくつか紹介していきます。

1.持ち運びが便利である。これが一番のメリットだと思います。外出時に本を読みたいとなった時に、大きいサイズだと持ち運びに困ります。遠出する時も荷物になったりと、いろいろ不便です。ですので、スマホのような片手で収まるサイズになると持ち運びも便利だし保管場所にも困りません。スマホをさっとだせば、いつでも本を読めるというのがメリットの一つだと思います。置き場所も、スマホの中だけで済むというのも大きいです。

2.好きな時に本をダウンロードできる。買いたいときに本を購入できるというのはメリットになります。何か面白い本を見つけて、この本を購入したいとなった時にスマホで調べればすぐに検索できるし、本屋さんに行って本を買うという手間が省けます。

3.試し読みなどの機能がついている。これもメリットです。気になった本の内容を少しでも知りたいとなった時に、参考にするのは試し読みです。本屋だと袋詰めされていて、試し読みができないものあります。気になった本を買って、自分に合ってないと思った商品の確立を下げれます。

4.値段が少し安い。人件費などかからないので、本屋で購入するよりは少し安く買えます。

このようにメリットが数多く存在しています。一方でデメリットを挙げるのであれば、画面サイズなどでしょうか。残念ながらスマートフォンは電話をする事がメインとなっているので持ち運びに特化しています。よってコミックや本などに比べてみると非常にコンパクトになっています。つまり、そのコンパクトなサイズでコミックや書籍を読まないといけないのです。手軽さの対義語みたいな感じだと思っていただけるとわかりやすいかなと思います。

それでも今後の需要としては電子化をメインに進んでいくと思われます。どうしても画面サイズをでかくしたいのであればipadのような雑誌サイズのデバイスを購入すれば解消されます。